堪忍袋の緒を締めろ!

rss 1.0 RSS Feed
最新

2004-09-01 台風一家

_ [マンガ・アニメ] 9月のマンガ

いい季節になってきたぞ、と。読書の秋だぞ、と。今月も、カレンダーに印をつけていくんだぞ、と。

3日、ヤングサンデーから「闇のイージス(17)」七月鏡一・藤原芳秀と「鉄腕バーディー(6)」ゆうきまさみ。闇のイージスは大きな区切りがついてしまったが、まさか惰性で続けている……なんてことはないだろうか、ちょっと心配。バーディーも安定して続いているが、まさかアニメ化なんて話がまた持ち上がってきちゃったら、どうするんだろう。もうありえないかな。

17日、「はじめの一歩(70)」森川ジョージ。長かった、長かったがもうすぐ宮田戦だよ。いつなんだよ。まだなんだよ。くぅ。

22日、「トランジスタにヴィーナス(7)」竹本泉。コミックフラッパーって本当にマイナーなマンガ雑誌だよなぁ。それとアフタヌーン連載中の「ラブロマ(3)」とよ田みのる。がんばれ!と心から応援したくなるマンガだ。ビバ!青春!

29日、「トゥインクルスタ-のんのんじーEX」竹本泉って、ひょっとして……。本棚を探ってみたら、あったよ、1994年発行の白泉社JETSコミックス「トゥインクルスタ-のんのんじー」。巻末に2巻に続くって書いてあったのに放置されていた作品だ。ひょっとして新装&完全収録版か?くそぅ、被っちまったじゃねぇかよ、もちろん買うけど。それから、「ブレーメンII(5)」川原泉は完結。昔の絵柄に戻ってくれないかなぁ、あのヘタうまな絵柄に。

30日、「ゼブラーマン(3)」宮藤官九郎・山田玲司は成り行きを見守るために買うことにする。山田玲司といえばヤングサンデー連載中の「絶望に効くクスリ」が売れ行きがいいっぽい。或る意味で熱い漫画家だ。


2004-09-02 9月は秋と認識しておりましたが。

_ [生活] 室温

エアコンが苦手で、すぐにお腹の調子を壊してしまう。会社のエアコンは暑がりな人がすぐに設定温度を下げてしまうので、会社ではシャツを一枚かけたりして自衛策を取っている。自宅では温度設定を28℃から下げたことがない。

ところで、今年は猛暑だった。にも関わらず設定温度を28℃から下げたくはなかった。部屋の中では薄着、というか半裸、というか全裸になろうとも設定温度は28℃。そこまで温度にこだわるのはやはりお腹が壊れるのが怖いからなのだが、つい最近それ以外の、対外的にも立派に認められるであろう理由を電車の広告で発見した。

仲間由紀恵がそう云っていたから

仲間由紀恵が云うんだから、もう28℃に決まりでしょう。


2004-09-04 春雨は食べられるが秋雨は食べられない

_ [お出かけ] 9/3 メガスターに会いに

お台場まで、メガスターを観に行った。12時過ぎに科学未来館に到着。まっすぐ6階のメガスター用のチケット発券場に行ってみると、発券機の前で係員のお姉さまが「メガスターですか?」と聞いてくる。16:00から上映されるメガスター以外にも、スクリーンを使った映像作品のプログラムもあるのだが、流石にお姉さまは分かっていらっしゃる。こちらも「はい、メガスターです」と明確に答えると、チケット発券機ではなく、その上に積んであった既に印字されているチケットを手渡してくれた。積んであったといっても、残り数枚。危なかったようだ(ちなみに、10:30にもメガスターは上映されている)。

流石に16:00までは時間があるので、ゆりかもめ台場駅の方まで戻って昼食。この間の失敗から、彼女サマは「絶対安全安心確実なのはホテルのランチ」と主張。リーズナブルなランチを探すと、パスタランチ1500円というのがあったのでこれに突入。バイキング形式で、自分でパスタを茹でてくれ、と書いてある。はて、そんな素人がパスタを茹でるだなんてどういうことだろう、と思ったらば下茹でしてあるパスタが置いてあった。なるほど、「あとひと茹で」をすればよいのであった。このランチ、美味であった。

その後、ウダウダと時間を潰し、16:00のメガスター上映に合わせて科学未来館に戻る。

メガスターは圧巻であった。上映プログラム自体は正直いってしょぼい内容であったが、世界最高の疑似星空は観れば観るほど吸い込まれていく美しさ。これが観れて500円とは、安いぞ科学未来館。

_ [インターネット] mixiで広がる縁

お仕事を一緒にさせてもらっている方からmixiというソーシャルワーキングサイトへ招待してもらった。mixiは招待してもらわないと入れない、一見様お断りなサイトで、ちょっと仮面舞踏会な気分を味わえる。中身は日記や掲示板ライクなコミュニティ活動だ。日記機能では外部の日記の取り込みも可能なので、野村はtDiaryの吐き出すRSSを読みに来るように設定した(実は、このためにRSS配信機能を有効にしたのであった)。

さてそんな仮面舞踏会に、新たに会社の同僚が参加したようだ。野村宛にmixi経由で連絡が届いたのだ。彼は彼の友人から招待されて登録なさったようだ。野村は自分のサイトを持っていることは公言していたがmixiは仮面舞踏会なので誰にも特に伝えてはいなかった。一体、彼はどのようにして野村の登録を見つけ出したのだろうか。……気になる。


2004-09-06 ぐずぐずするな

_ [インターネット] AirH"で契約しているはずなのに

京ぽんの本

野村の旧Webサイトはアレスネットというプロバイダーにある。1997年からダイアルアップで契約していたのだが、今時ダイアルアップをするような状況は非常に少ない。また、そういうときにも京ぽん(PHS、京セラAH-K3001V)からPRIN(DDIポケット直営のプロバイダでPHS代金と一緒に請求が来る)を使えば事足りる。無駄だなぁ。だからといって契約を打ち切ってしまうとメールアドレスやWebサイトを移転せねばならない。それは面倒なので、今年から契約を一番安いAirH"のものに変更したのだった。

一応AirH"はもっている。京ぽん以外にも、ちゃんとした(?)もの(AH-H403C)を。ただ、普段はつくばに出張していて手元に無い。今日は野村はつくばに来ているので、そのAirH"で久しぶりにネットに接続してみている。

……設定がおかしい。アレスネットも、DIONのADSLにオマケで付いてくるAirH"接続アカウントも繋がらない。どうもおかしい。慌ててPRINに接続しようとする。……しまった、操作ミスでPRINの接続先の電話番号を消してしまった!オオゥ!

そうだ、こんなときの京ぽん!京ぽんでGoogleに接続、まずPRINのサイトを見つけ出して電話番号を調べる。よし。これで、PRINにまず接続できるようになったぞ、次にアレスネットのサイトに行って、……。

結局、どちらも接続先の電話番号がてんで違っていた。しかもアレスネットの方はアカウントすら間違っていた。いかんなぁ。たまに接続設定をチェックしておかないと、いざというときに役に立たないじゃないか。一番役に立ったのが京ぽん、というのはいかがなものか。


2004-09-07 洗濯大会

_ [食生活] 無性にラーメン

実は夏休み中の野村である(一度もこの事実を書かずに平日に日記を更新しまくったので、「ひょっとして……」とか思われたら嫌だなぁ、と思って一応付記)。今日は夏休み最後の日。先ほど北関東方面から我が家に戻ってきたのだ。

そろそろ昼飯でも食べようかと思うのだが、先ほどから無性にラーメンが食べたくなった。どうしたらいいんだ、このラーメン欲を。上野まで出れば山頭火、東銀座まで出れば一風堂がある。更に旨いラーメンを求めるならば新宿〜高田馬場あたりまで行けばよいだろうか。だが、意外に三ノ輪駅前のびっくりらーめん(280円)でもよいかも知れない。別に格別旨いラーメンでなければそう遠出をしないでも幾つも店がある。

とにかくラーメンだ。今はただ、それだけだ。では、行ってまいる。


2004-09-08 札幌の実家は無事でした

_ [世の中の話] プロ野球選手会のストライキ

野村は「支持」。ただし、土日だけとか中途半端なことを言わず、もっとバリっとやってもらいたい。

ただし、ストを受けて近鉄・オリックスの合併が反故になるようなことは決してあるまい。金が無いんだからしょーがねーべ。ストの目的は選手会の発言力強化で良いと思う。スト後は、できるならば選手も経営に積極的になって、もっと集客のために経営側に協力したり、贅沢を言わないようになってもらいたい。選手会が「こんな楽しい野球をやるよー」と言わなければ、プロ野球はどんどん儲からないものになってしまうと思う。

本日のツッコミ(全3件) [ツッコミを入れる]

上條 [熱狂的阪神ファンの俺から言わしてもらえれば、巨人相手の放映権料など他球団も巨人におんぶにダッコ、どーにかせーや。NB..]

上條 [間違えた。NBAやのーて、MLBやった]

nomura [選手会が、プロ野球機構を離反して別リーグを始めるくらいの勢いでストライキしてくれると面白いんだけどなぁ、と思う。気合..]


2004-09-09 買ったばかりの折り畳み傘

_ [生活] 風のように去る新入社員

ウチの会社(正確にはウチの兄弟会社)に新入社員が来たらしい。

「らしい」というのは、野村の休暇中に入社し、野村が出社した日に退社したそうだからだ。すなわち野村は会ってもいない。彼のフルネームを知ったときには既に彼は辞めた後だった。1日社員。明智光秀よりも短命の社員。

噂によると、彼は当日遅刻してきて、席で居眠り、そして次の日に辞めたらしい。何しに来たんだろう。


2004-09-10 もう少し涼しいとうれしいなぁ

_ [インターネット] Googleの話題が多い

最近、スラッシュドットなどでGoogleの話題が多い。すっかりインターネットでの地位を確立したんだなぁ、と関心したり。

最近、日本語版のサービスが(ベータながら)始まったGoogleニュースは、ヘッドラインを追いかけるのには充分なサイトとなっていて好感が持てる。欲を言えばテキスト版にしてもサイトデザインが大きめで、サイドバーなんかにはしまいこめないのが残念だ。この手のヘッドラインページはデスクトップのどこかに出しっぱなしにしておきたいものなので、なんとかならんだろうか。

逆に、その過熱振りがとても不可解でならないのが、Gmail。1GBのフリーメールアカウント、……って何に使うんだよ。世界中のオタクたちがその使い道を工夫しているが、なんつーか、単にGmailって言いたいだけちゃうか、と。まぁ、それだけ注目されているオモチャってことか。


2004-09-14 夏はもうイラナイ

_ [生活] 9/12 イタリアGP

スタート直後に皇帝・顎が「1+1=2」を間違えるかのようなスピンを披露して、お茶の間の笑いを取ったイタリアGP。なのに、気が付けばちゃっかりとご当地フェラーリの2台が1、2フィニッシュなんだから恐ろしい。バリチェロが1位なのはご愛嬌。

琢磨は5位スタートで4位フィニッシュ。まぁ、健闘したといってよいだろう。バトンは3位。あぁこんな立派なドライバーを失うなんて、BARもつくづくツイていないなぁ。

さて、次回は中国GPだ。琢磨やHONDAやTOYOTAはフーリガンに襲われないように気をつけないと。

_ [PC] ショッキングな誤変換

仕事で課金システムを構築しているのだが、設計書をポチポチと作っていたら
児童引き落とし
って画面に出てきて、なんとも世知辛い世の中だなぁと思ってしまった。勿論、「自動引き落とし」の誤変換であるが。

2004-09-15 秋の風

_ [PC] DOS/Vマガジンが月刊に逆戻り

これまで1日、15日と月2回発行だった「DOS/Vマガジン」(SOFTBANK)が再び月刊誌に戻るそうだ。野村は定期購読なのだが、今回送られてきた10/1号にペラ1枚が入っていていた。「この度の変更に伴い、多数のご迷惑をお掛けしますが……」とあるが、ちゃんとあと14回分送ってきてもらえれば特に文句はない。あと1年もあるじゃねーか。

確かに最近はひょろっと薄い雑誌になってしまった。昔はこの手のPC系の雑誌といえば、半分は広告なんじゃないかというくらいに広告がいっぱい入っていて分厚かったものだ。最近はすっかり広告収入が減ってしまって、雑誌の発行コストをどうしても価格の方に乗せなくてはならなくなったりと厳しいらしいが、月刊誌になることで少しは楽になるのだろうか。


2004-09-16 夜の冷え込み具合がよい

_ [マンガ・アニメ] 「イノセンス」のDVD

イノセンス

買った。フィギュアなどには興味がないのでスタンダード版で。ついでに前作「攻殻機動隊」の方もDVDでは持っていなかったので買った。どちらも3000円台、アニメは概して高めの値段設定なのでとても良心的に見えてしまった。

ところで、今回もamazon.co.jpで購入したのだが、「イノセンス」に輪ゴムで一緒に特典DVDがとめてあった。「攻殻」と「イノセンス」を紹介する30分のプロモDVDらしい。店頭売りでも付いてくるんだろうが、「イノセンス」のパッケージ内にも特典DVD(インタビューや予告編などを収めたもの)が付いているのでなんとも特典過剰だ。これじゃあ、ボックス版を買ったらもーオマケだらけでウホウホワクワクなんだろうな。

野村は基本的に会社に荷物を届けてもらっているので、あまり大きなオタクグッズが届くとちょっと体面が悪い。


2004-09-17 長袖

_ [PC] jUnit+antで自動テスト

javaのプログラミング環境というか、テスト用フレームワークのお話。一昨日から本やネットを頼りに設定してみたのだが、これは上手く使いこなせればとても楽しいものになりそうな予感。なんつったって、あらかじめ作っておいた数百のテスト項目(jUnitで作ったtestCaseやtestSuite)を、一発操作で一気にテストしてくれて、しかもその結果をHTMLなどで可視化してくれるのだから驚きだ。もちろん、テスト項目の説明自体もjavaDoc形式で記述してあるのでHTML化できる。今まで、これらのドキュメントを書くのにどれだけ退屈で冗長な時間を費やしてきたのか。夢のようだ。自動ってだけでワクワクものだ。

ただ問題は、そのテスト項目を書く作業自体は当然残っていて、これがまた時間のかかる、気の遠くなる作業なのだ。ドキュメントを書くよりは勿論楽しいけどね。


2004-09-21 もう、夏が来たのか

_ [生活] 9/18, 9/20 札幌より友人が来る

数少ない札幌時代の友人(友人自体が少ない、ともいえる)が東京に遊びに来ているので、一緒に観光なんぞしてみた。滅多に行かない原宿なんぞに行ってみたり。といっても竹下通りではなく、表参道をずんずん進んで行ったり、小道に入ったり。そして、そのままのノリで明治神宮、渋谷と歩き続けた。いい運動になった。

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]

上條 [そういや原田さんオフ会で来るって言ってましたねー 全く連絡無いところみると、わたくしはもはや過去の人状態ですな。しか..]

nomura [事前の連絡手段がメールだけだったからなぁ。オレら、世捨て人度が高すぎるから、連絡とかそういうのが苦手で…。]


2004-09-23 よしよし、涼しくなってきたな

_ [お出かけ] 丸の内に引っ越した丸善

行ってきた。すごい蔵書だ……といっても、お目当ての本というのはある程度的を絞って2〜3店舗くらい探せば見つかるものなので、そんなに興味を惹かれないなぁ。新し物好きの物見遊山で行っただけなので、何も買わずに店を出る。

それよりも、2FにJAXA(昔のNASDA)のショールームがあったことの方がびっくりだった。展示スペースはちょこっとだけでじっくり観ても5分ももたないのだが、個人的には丸善より面白かった。スペースデブリ(の実験)で穴が空いた板とか置いてあって、「プラネテス」が観たくなってしまった。

_ [音楽] 久々にHMVに行く

Live in Tokyo

久々にHMVに行ったらば、ポイントカードの方式が変わっていて驚いた。

今回はウェザーレポートの輸入盤DVDがあるということでHMVに行ったのだが、ついでに「キース・ジャレットより勢いがある」らしいブラッド・メルドーという人のピアノソロのライブ盤も買った。海外盤はCD1枚なのだが、国内盤は2枚ということで、値段も倍だがどうせ買うならこっちだろう、ということで国内盤で入手。他にも、上野耕路の新譜があったので購入。こちらは6月に出ていたようだが今まで気づかなかったのだ……。

帰ってきて早速それぞれ視聴。ブラッド・メルドーは店頭デモも聴いたがなかなかハマリどころのある感じでよい。上野耕路はブラスなどのバンドスタイルでまとまっていたのだが、ちょっと通して聴くとくどいかなぁ。

そして、お目当てだったウェザーレポートの「YOUNG AND FINE LIVE!」。PALとNTSCをそれぞれ片面ずつ収録してある両面を使ったDVDで、なんだかプレスが汚くてプラスチックの層にムラがあるように見える。ケースも、デザインもショボイ上にライナーなど何もない。何だが酷いなぁと思って早速DVDを再生してみると、いきなりコンサートスタート。オープニングとかないのか?と思ってメニューを出してみると、なんだこりゃ、トラック名らしき字が一行書かれているだけ。イメージ画像はおろかタイトルすら書いていない。まいったね。中身はしっかりとしたライブだった。1974年の映像なので画質はどうにも限界はあるが、ブロックノイズは酷い。DVD化されただけマシなのだろうか。涙ものだ。


2004-09-27 寒いって

_ [マンガ・アニメ] 10月の新刊コミック

9月30日に浦沢直樹「PLUTO(1)」が出るようだ。豪華版の方には手塚治虫の原作も付いてくるらしい。う〜む、あまり豪華な装丁に興味は無いのだが、こちらの版を買ってしまうと今後もこちらの版で揃えなくてはならなくなる。ずるいなぁ。

10月1日、八神健「ありさ^2(ありさの二乗)」は買おうかどうか迷ってしまうなぁ。角川書店からというのと、1巻分の長さ=人気(?)しかなかったというのがなんとも。

22日、佐藤秀峰「ブラックジャックによろしく(10)」。心の病と凶悪犯罪の因果関係について。重〜い。

29日、浦沢直樹「20世紀少年(17)」。もう、1巻ずつ読むのがもどかしい。

来月は新刊が少ない。が、TVでは新番組はある。いろいろな意味で気になるのは「ブラックジャック」か。あとは「げんしけん」が気になるが、我が家からどうやってちばテレビを視聴すればいいのだろうか。東京生活の長い人に相談してみようかな。


2004-09-28 洗濯物が乾かない

_ [食生活] サッポロ一番 暴君ハバネロ 激辛焼そば

辛いぞー。辛さで味をごまかしているんじゃないか?(失礼)

だが、食べられない!……というほどではない。口がちょいとヒリヒリしている程度で、インパクトとしては「暴君ハバネロ」の方が強かったかな、と思う。辛いスナックは珍しいが辛いそばは他にもタンタンメンなどがあるからだろう。

……とか強がってみたものの、実は添付されていた『激辛パウダー』には手をつけていなかったりする。これはいずれ普段の野菜炒めなどで使ってみようと思う。


最新