堪忍袋の緒を締めろ!

rss 1.0 RSS Feed
最新

2004-12-03 週末は天気が崩れるらしい

_ [生活] 新居にまつわるいくつかの問題

家が変われば生活も変わる。変わらざるを得ないものと、変わることが心地よいこと、また、その反対。得てして人間は、手に入れる前には良い部分ばかりが目に付き、手に入れた後には気に入らない部分ばかりが目に付く。恋愛もそうなのだ、と誰かが云っていた。

さて、我が家についての気に入らない部分といえば、まず郵便受けである。引っ越して早々に宅配便の不在届が郵便受けに入っていた。野村は「DOS/Vマガジン」を定期購読しているのだが、荷物の差出人はその出版社からだった。しばらく心当たりがないために悩んだが、やがて郵便受けに雑誌が入りきらないために不在届が入れられていたのだ、と気づいた。新居の郵便受けは、扉についているタイプのものしかなく、試しに雑誌を突っ込んでみたが途中でつかえてしまう。これは問題だ。定期購読の利便性が損なわれてしまう。週末、新たな郵便受けを買い求めに行くことにする。

第2の問題として、ここが平屋であるということが挙げられる。郵便受けが無いのも平屋だからだ。そして、これは半ば予想通りなのだが1階は非常に冷える。しかも今までより部屋が広いので、エアコンでは温まりづらい。これはなんとか生活スタイルを変えていかないと、ちょっと苦しい。

そして、今のところもっとも実害の無いお茶目な問題は、ある朝起きたら、庭にネコのうんにょがちょびっところっとしていたことだ。丁寧に、軽く土までかけられてあった。ネコの為に水洗式にしてあげるべきか、それともネコにおトイレの移転を迫るべきか。


2004-12-06 落差ありすぎ

_ [インターネット] 再開通!

来たよー。早かったよー。もうADSL移転完了。早速スピードテストしたら下り約6.9Mbps。12Mコースなので、十分な成績ではないかと思う。

いや、良かった良かった。これでTV録画が楽になった。もう、手作業で録画予約なんて面倒臭くて。


2004-12-09 屋根の下の洗濯物

_ [生活] 納期直前

今日、明日が山場。納品したら終わりというわけではなくて、追加納品物(間に合わなかったもの、ともいう)やら動作確認やらバグFIXやら追加受注で、年内はこのプロジェクトにかかりっきりになりそうだ。

3月くらいからずーっとやっているので、もう半年以上だ。年明けにもまだ追加の受注があるようで、そうすれば1年にも達するかも知れない。さすがに1年中同じプロジェクトをやり続けるのは、辛い。これで楽しさを見出させなければ、惰性と政治で続いている感が強まって苦痛なだけだ。なんとか楽しみを見出さねば。


2004-12-10 冬の雨、なのか?

_ [マンガ・アニメ] 12月の新刊ラッシュ

年末らしくマンガがたくさん発売される。

まず、引越しのドタバタに紛れて既に購入済みのマンガから。3日に七月鏡一&藤原芳秀「闇のイージス(18)」とゆうきまさみ「鉄腕バーディー(7)」。イージスはストーリーを追い過ぎているような気がしてならない、もっとオムニバスっぽい最初の頃の方が好きだったなぁ。バーディーは安定したテンポ。最近の流行から考えるとテンポの遅いマンガなのだろうが、ゆうきまさみファンにとってはこれくらいのテンポが丁度良い。

そして4日に樹なつみ「OZ 完全収録版(2)」。番外編が入っているのでお得感がある。完全収録に当たって書き直されているのは背景やトーンワークで人物には敢えて手を加えていないそうなので、絵柄が大分古臭く感じる。いや、実際古いし、この作品。

ここからは購入予定のもの。17日、森川ジョージ「はじめの一歩(71)」。さくっと次の試合にいってほしいなぁ、もう。高橋しん「きみのカケラ(4)」は既刊をこの引越しのドサクサで捨てようと考えていたのだがなんとなく保留した。保留ついでに続きも読もうかな、と。でもなぁ。島本和彦「吼えろペン(13)」はともかくも、映画化される「逆境ナイン」の続編「ゲキトウ」は2巻は出るのだろうか。

18日、DVDブックとして幸村誠「ふたごのプラネテス」なるものが出るらしい。なんだか知らんが、要チェックだ。

20日、吉田秋生「イブの眠り(3)」。「BANANA FISH」「YASHA夜叉」と続いている作品らしい。らしいがYASHAを呼んだことが無いから、全く新しい作品に読めてしまう。

24日、宮藤官九郎&山田玲司「ゼブラーマン(4)」はどうやら原作を無視して山田玲司が暴走していて面白い。山本英夫「ホムンクルス(4)」はこの人らしくなく怖さがちょっと少ないかなぁ。そういえば、山田玲司は昔、同時期にヤングサンデーで連載していた山本英夫と山田芳裕(「デカスロン」「度胸星」など)を「オレより才能のあるヤツが周りにいて」と云っていた。星里もちる「ルナハイツ(4)」は、まぁ惰性で。

27日、山田玲司「絶望に効くクスリ(3)」はちょっとペースが速すぎじゃないのか?色んな人のインタビューが読めて面白いマンガなのだが、思想としては偏っているというか、完全に「山田バイアス」が掛かった状態で描かれているので、そういうのが苦手な人にはオススメできない。完全なサヨだからねぇ、この人は。

以上。今月、多すぎ。


2004-12-12 中途半端な雨

_ [お出かけ] 綾瀬のリサイクルショップ

風呂の脱衣場が寒いのには堪えられない。せめて電気ヒーターくらいは欲しいものだ。というわけで家から近いリサイクルショップを探したところ、綾瀬に大きなリサイクルショップがあるとの情報を得、我々は早速現地に向かった。

綾瀬駅周辺は賑やかだった。なんだ、綾瀬っていいところじゃん。同僚(北綾瀬在住)が「埼玉県足立区」なんていうから、ちょっと期待していたのに。

10分ほど歩いたろうか。寒い。風景が寒い。賑やかなのは駅の周りの一角だけで、住宅地に入ると街灯も少なく、とても独りでは歩けないくらいにおっかない。さすが「埼玉県足立区」だ。

ところで北綾瀬って、なんで千代田線からオマケみたいにはみ出たところにあるんだろう、と思って地図を良く見たら車両基地があるようだ。なるほど、山陽新幹線で云うところの博多南みたいなもんか。


2004-12-16 寒暖差

_ [生活] 今週は何故か忙しい

仕事の話で恐縮だが、どうにも不安定な動作を続けているアプリケーションがあって、お陰で今週のスケジュールはメチャメチャ。

週の初めは社内の別のプロジェクトが、こちらも納品直前の修羅場を迎えていたのだが、Flashの技術的な問題にハマっていてそれをちょこっと手伝ったりもした。何故か忙しいときに厄介なことが重なるものだ。年中、満遍なく仕事がくるようなことは無く、突然大忙しになったり普段はそれなりに忙しかったりするもので、暇なときとは大抵、嵐の前か何か忘れているときだ。

まぁ忙しくなきゃ師走じゃないけどね。もう、今年も終わりかぁ。

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]

ふくてゃん [飲みたいよ( ゜゜)y−~~]

nomura [今年は忘年会……できなさそうだね。みんな忙しくなっちゃったのかなぁ。]


2004-12-18 庭を掃いてみたり

_ [生活] 自宅作業

休日なのだが、納品物が不安定なために自宅から復旧作業をかける。同僚とはメッセンジャーを使って連絡を取り合う。便利な世の中になったもんだ。

休日出勤したほうが楽な場合とそうでない場合の切り分けは非常に難しい。今日は、途中まではすんなり進んだのだが、昨日の緊急対応の悪影響が最後になって現れて、必死の修正作業。こうなると、出社したほうが楽なのかが微妙になる。

まぁ、アプリケーションのリビルドまでしなくて済んだので、結果的によしとするか。家だと好きなBGMをがんがんにかけながら作業ができるので、意外と集中できるものだということが分かって、意外。

ところで、今までは結構うやむやにしていたのだが、どうやら自宅作業も会社に報告してお給料に反映させないとまずいらしい。お金がもらえるのは嬉しいが、作業時間の割り出しやら届け出やらめんどくさいし、日本人的に「気が引ける」部分もあり、なんともはや。


2004-12-20 あったかいっていってもねぇ

_ [インターネット] 趣味の作曲を支援する環境

こうみえて、野村は以前はDTM野郎だったはずなのだ。以前、というのは1993年頃の話で、当時7万円もしたWindows版Visionを買ったりしていたものだ。今ではすっかりDTM熱も鈍ってしまい、機材も絶不調(作曲熱が鈍ったわけではない、……と信じたい)。

そんな中、変なソフトを見つける。Friejyuという音楽受配信ソフトウェアで、ネット上の同じソフトウェアを利用しているユーザーが、自分で作成したMP3などをWebサイトなどで公開した状態で、このソフトウェアに登録する、というもの。まだまだ楽曲数が少ないようだがかなりお手軽な配信手順なので、上手くするとこれは流行るかも知れない。

う〜ん、ムズムズと作曲意欲が沸いてくるではないか。古いデータを探ってみるかな。何か公開できるかもしれないなぁ。

本日のツッコミ(全1件) [ツッコミを入れる]

nomura [ツッコミのテスト]


2004-12-21 朝が寒いのは困るんですけど

_ [a3size] ツッコミはRSS配信に反映させない

またしても、RSSが読み込めていない不具合が起こっているようだ。原因は明らかにツッコミに使われている文字にあるようなので、ツッコミをRSS配信に反映させないように改造することにした。……といってもrubyはよく分からないので、ユーザーグループのサイトに上がっていたまんまの方法で改造してみた。


2004-12-27 朝を乗り切れば

_ [生活] 不覚にも、風邪

昨日は、風邪をひいて一日中家で寝ていた。今日はのなんとしても出社せねばならぬと思い、気合で1日で治した。夕方の時点で38.75度あった体温が、夜には36.05度まで落ちたというのは、奇跡としか云いようがない。

ただ、完全に治ったわけではないようで、声がややかすれ気味。若干の悲壮感が漂っている。

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]

mine [おお、お大事に。 私も休暇を取った週末に風邪ひきました。 ちょっと気を抜くとやられますな。 それでは、よいお年を..]

nomura [休暇になると風邪をひいたり、夏休みになると病気をしたり、そういう運命なのですよ、僕は。 では、良いお年を!]


2004-12-28 風が吹けば洗濯物は乾く

_ [マンガ・アニメ] カウボーイ・ビバップのBOXセット

自分自身へのクリスマスプレゼント、……ではないが代休を取って休んでいた24日に会社にamazonから段ボール箱がど届けられていたようだ。中身は「カウボーイビバップ 5.1ch DVD BOX」であることは分かっていた。

カウボーイビバップ 5.1ch DVD BOX

早速持ち帰り、開けてみる。うわ、なぜケーキの箱のようなデザインなんだ、ひょっとして発売時期まで含めたジョークなのか?

で、フタを開けて更に驚く。フィルムリールケースだ。イカすじゃないか、この野郎、と思い持ち上げると違うデザインの2枚目(知識不足につき元ネタ不明)。

まさか、と思い持ち上げると3枚目はCDケース。マスターCD-Rにマジックで書いたようなキャプチャーリスト(菅野よう子と書いてあるので本人の文字なのだろうか)、そしてこのケースだけがキャラメル包装(剥くためのテープ状の帯がついているやつ)。この辺でカウボーイビバップらしい悪ふざけ具合がいい感じでツボにはまってくる。

4枚目はなんと5インチか8インチ時代のフロッピーディスクのケースのパロディ。多分8インチ時代のケースだと思うのだが、5インチって皆まとめ買い(といっても10枚単位が精一杯)していたから、こんな箱だったのかどうか覚えていない。裏に書かれた性能アピールのコピーがまた泣ける。

5枚目は、お得意のLPジャケットタイプ。表に使われているイラストはフェイで、ここだけオタク心に嬉しいプレゼントとなっている(逆にいえば、他は全て萌え要素ナシ)。

6枚目はPS2のパッケージのパロディ。レタリングもパクっているのだが、なにより無理やりな将棋ゲーム風イラストが面白すぎる。しかも裏面を見ると中国語らしき文面で日本語が一つも無く、怪しさ満点。残念なことにこのケースだけは使い勝手が良さそうだった。

最後の7枚目は、βのパロディ。「SONY」ではなく「COBY」と書いてあるこの無理やり感もたまらないが、引き出してみるとビデオテープのパロディにまでなっているのがまたキツい。

なるほど、こんだけ詰め込むためにケーキの箱のような外装なのか、とふと外箱を持ち上げてみると、「お早めにお買い求めください」のシール。完敗です。

というわけで、DVDを再生する前からお腹いっぱいになるDVD BOX。これで、さらに音声が5.1chにリニューアルされているわけだから、ファン冥利に尽きるというものだ。唯一の欠点は、保存である。どうすりゃいいんだ、これ。

_ [マンガ・アニメ] 「電車男」のマンガ化って

電車男がなぜヒットしているのか理解に苦しむところも多いが、2ちゃんねる発の感動系話の中でも面白いほうであるのは間違いない。

が、流行っているからといってなぜマンガ化する必要があるのだろうか。しかも4誌もやるというのが分からない。ヤングサンデーに至っては「人気恋愛漫画家、原秀則さんを起用する」(読売新聞社)らしい。

原秀則といえば「部屋においでよ」「いつでも夢を」という最悪の結果となる恋愛物で有名、……なんちゃって、やっぱり「冬物語」のほうが有名かな(それにしたってドロドロの恋愛)。原秀則くらいのビックネームなら仕事を選ぶべきだ。それとも、何か秘策があるのだろうか。


2004-12-30 つかの間のお日様

_ [生活] 掃除機を買う

引っ越してから、どうにも掃除が面倒になった。当たり前の話だが、面積が広くなったと同時に掃除する場所も広くなってしまったからだ。全てフローリングなのでクイックルワイパーで出来てしまうのだが、ホコリというものは集めても集めてもきりがない。

そうだ、せっかく広くなったのだから掃除機を買おう、ということになり有楽町ビックカメラへ。なるほど、たくさんの掃除機が、お試し可能な状態で展示されている。

個人的には自走式掃除ロボットにも非常に心惹かれるものを感じたのだが、おそらくそれを買うと掃除以外の用途に使いたくなってしまうので、ぐっとこらえてサイクロン式のものから選ぶことにした。スティックタイプと本体があるタイプと見比べてみたが、スティックタイプは意外と無骨でかっこ悪くてそれほど収納が便利とも思えなかったので却下。結局、ごく普通の掃除機を買った。

明日はいよいよ大掃除である。買ってきたからには活用せねば。エアコンも掃除してやる。


最新