堪忍袋の緒を締めろ!

rss 1.0 RSS Feed
最新

2008-01-01 すかっと晴れ

_ [PC] Gainer日記難しいなぁ

Gainer日記を書き進めているのだが、なかなか進まない。予備知識なしに遊べるほど簡単なオモチャじゃないんだなぁ。電気(電子)工作の側面とプログラミングの側面とがあるからだろう。まぁボチボチやっていくか。今年の最後には、オリジナルの回路を公開できるといいなぁ。


2008-01-06 冬終わった?

_ [生活] 店員に声をかけられない

先日、ちょっとした台のようなものが欲しくなって、一人で有楽町のとあるお店に行った(この話にお店側の落ち度は全くないので名前を伏せます)。

探していたものは店頭在庫がなく、そこには「在庫についてはお気軽に店員にお声がけください」的な張り紙が一つあるだけだった。

さて、困った。野村は店員に声をかけられない。その張り紙の前で30秒ほど固まる。

脇を何人か店員さんが通り過ぎていく。野村の視界にもそれははっきりと映っているが、声をかけられない。

そのうち、この張り紙の前で立ち止まっていることを店員が不審に思うのではないかと心配になり、急いで別のコーナーへ移動する。移動してどうする、買いたいものはアレなのに。店内を一周し、元の位置に戻る。張り紙をみる。何度みても「店員に声をかけろ」と書いてある。

その脇にあったチラシを手にとってみる。とる必要なんか無いんだ、何を買うのか事前にネットで調べてあったから。でもみる。うん、これだ間違いない、と思いチラシを元に戻し、今の一連の動作でまたしても自分が不審人物になったのではないかと思い、店内二周めに入る。

店内を一周すればまたしても元の位置に戻ってくるわけだが、立ち止まると自分が不審人物なのでそのまま店を出る。

しまった、店を出てしまった。

もう引き返すのは辛い。このためだけに有楽町まできたのに。電車賃が無駄になった。だめだ、今日はダメな日なんだ、帰ろう。

社会人の仮面を被っているときは大丈夫なんだが、久々に自分が元・ヒキコモリだということを思い知らされた。見ず知らずの他人に話しかけるなんて高等テクニックすぎる。帰りの電車の中はずっと視界がクラクラしていた。

で、家に帰ってずっとゲームやってた。

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]

mine [その気持ちちょっと判りますわー。声をかけられないこともあるけれど、逆に 気張って声を掛けちゃって、普段より声が1オク..]

nomura [そうそう、声が震えてしまって、それで自分で吹き出しちゃったりしてね。 もういい加減、大人の世界のルールに馴染みたいと..]


2008-01-08 陽だまり

_ [生活] 続・店員に声をかけられない

同僚と昼を食べに出たら、仕事始めなのかどこも混んでいて、いつも行かないような怪しいしょぼい店に入ったら……。

メインのおかず以外はセルフサービスになっていて、ご飯とか味噌汁はお盆に載ったのだが、注文した肝心のカキフライはとうとう出てこなかった。ご飯もまずい。

あぁ、今野村の周りには負のオーラが出ているんだ。

_ [マンガ・アニメ] 今期のアニメは(1)

いかんなぁ、暗い日記になっているなぁ。今期始まったアニメは面白いよ!「シゴフミ」……、主人公と思った男の子が第1話で殺されました……。

_ [生活] 野村の履歴

ふと気づいた。

野村の出身大学は吸収合併され、中退した学校は他の学校を吸収して大学にレベルアップして、どっちも「(旧)」になってしまうんだ。

新しい名前の学校にはどうしても親近感を持てないんだな。良い悪いではなくて、手に馴染まない感じ。

でもレベルアップしたほうの学校、ロゴのデザインをTomatoの人に頼むというセンスは好き。

本日のツッコミ(全4件) [ツッコミを入れる]

上條 [おかずが出てこないのは、確かに言いづらいですね。解ります!これ私もありました。出てくるかもって考えるとタイミングが難..]

nomura [そういう店に限って妙に元気だったりするんだよねー。 「俗・さよなら絶望先生」「狼と香辛料」観ました。「ARIA」かぁ..]

上條 [よくご存知ですね、さすが!。『ARIA』はOVAも含めると3シーズン目です。 私、かなりお気に入りで、漫画、アニメ全..]

nomura [ほうほう。東京MXでは月曜深夜らしいんで、来週チェックします。 んで、そろそろこの日記のオタク度を再び上げていきます..]


2008-01-13 手がかじかむ

_ [生活] 北風

風が強い。引っ越してから分かったのだが、新しい部屋はとても風が強い。荒川からくる北風だろうか。

ちょうど洗濯物を干しているベランダを通り抜けるので、洗濯物がドラマチックに、吹き飛ばされそうに揺れまくる。まぁおかげで乾くのがとても早いのは助かるが、どっかに飛んでいかないかとても心配。

一応、物干し竿は波線の形をした針金がついているタイプで、そう簡単には飛んでいかないと思うのだが。もっと工夫が必要かも。


2008-01-17 ふとんLOVE

_ [世の中の話] 今度は私的録音録画補償金

「Culture First〜はじめに文化ありき」を合言葉に私的録音録画補償金制度への理解を求める著作権管理団体による運動が始まったそうだ。なるほど、文化を守るためにこういったお金が必要になる、と。

そのお金がどうやって再分配されるのか、その仕組みはまったく理解できないけどね。

この団体の主張によると私的コピーが増える一方で補償金の徴収対象外の機器が増えたことで徴収額が減った、とのこと。 いや、だからさ、そのお金が何処に収められているのか、その仕組みがまったく理解できないんだってば。

iPod買ったら好きなアーティストにお金が入る仕組みなの?ほんとに?どうやって?

直接アーティストにお金が入るわけじゃないの?じゃ、誰のためのお金?Culture Firstって本当?


2008-01-22 雪降ればいいのに

_ [マンガ・アニメ] 今期のアニメは(2)

シゴフミ」は、……人間がもっと深いといいんだけどな。重いテーマ扱いたいんなら、もっと深く掘り込んでもらわないと、ただのホラーになってしまう。とりあえず、もう少し注目。

俗・さよなら絶望先生」は、さすがに続編なだけあって前回よりも濃くなっている。もはや一見さんお断り状態。人にはお勧めできない、が、好きな人にはたまらない。

狼と香辛料」のオープニングは小峰公子の詞に吉良知彦の曲。エンディングはchris mosdellの詞に編曲で保刈久明。Zabadak(Karak)ですな。オープニングを聴いた瞬間「?」と思ってテロップをじいっと観ていたらこの名前が出てきて、思わず声を上げてしまった。肝心の内容のほうは、……人間がもっと深いといいなあ。浅いなぁ。無駄にキャッチーに作られてもなぁ。

上條くんに勧められた「ARIA」は、……うーん、ごめん、あのネコみたいなやつ(アリア社長)が生理的に受け付けない。世界観とか面白そうだね。妄想が膨らむというか、この世界ならこういう風景があるだろうな、みたいな夢が膨らむ。ファンがいるのがすごくよく分かる。アリア社長がなぁ……。

今期観ているのはこんなあたりか。あとは「カイジ」。

なんだ、全然観てないなぁ。野村は本当はオタクじゃないんじゃなかろうか。

本日のツッコミ(全4件) [ツッコミを入れる]

かば [おひさしぶりです。 今年はzabadak岐阜に来てもらいます。 のむさんもついでに岐阜に遊びにきてください。 去年吉..]

nomura [おひさ!>かばくん 岐阜かぁ。メモメモ。 電脳コイル、いいよー。ちゃんと人間関係が深いし、しっかりSFだし。]

上條 [アリア社長が気になるのは、私も一緒です。さんざん見てこの頃慣れてきましたが、初め馴染めず苦労しました。 社長は、火星..]

nomura [>上條君 そうか、そこを乗り越えればいいのか…! つーか原作を読んでみたらまた印象が違うのかな。ブック○フで試してみ..]


2008-01-27 陽だまり

_ [PC][音楽] 初音ミク実験

「初音ミク」の体験版を入手したのでちょっと試してみた。CUBASE SE 3と連携させようと思ったんだが体験版ではできないらしい、残念。すなわちカラオケの音源なしで歌っていただくわけで、……これはかなり寂しい作業だ。この連携はぜひ体験したかったんだがなぁ、何のために体験版を入手したんだろう。

気を取り直して「初音ミク」のアプリケーション「VOCALOID2 Editor」を試してみる。いきなり戸惑ったのがテンポ(BPM)の設定方法。パラメータはTEMPOトラックのところに書かれてあるのだが、アプリケーションを立ち上げたときに表示されているピアノロールの初期位置(か表示スケール)が悪いせいで、左にスクロールさせないと見えない、というのはいかがなものか。

音符の入力自体は簡単。まずピアノロールに音を配置して、次にそれぞれの音にひらがなをあてはめる。これだけでもう歌ってくれる。ここは素直に感動するところだ、うぉー!

で、巷では「調教」と呼ばれている各種パラメータの微調整が始まるのだが、これが使いづらい。シーケンスソフトとしてはまっとうな作りになっているのだが、「発音(音が発生する、の意)」のタイミングとパラメータの変化がわかりづらい。イベントリスト表示があれば、直接手で調節したいところだ。しかも、このパラメータ調整、結構トライアンドエラーなので、余計に使い勝手が気にかかる。

そんな感じで数十分遊んでみたのだが、やっぱりカラウタなのが辛い。オケとメロディーを同時に作成していく雰囲気を確かめたかったのだが、体験版でそれができないとなると……、いや、だからといって買うか?買うかなぁ。


2008-01-30 風邪気味

_ [世の中の話][マンガ・アニメ] 著作権法のシンポジウムに島本先生が出ていた

ニュース記事はこちら。「作り手を“やる気”にさせる著作権とは――島本和彦氏など語る (1/3)」。あぁ、聴きに行けばよかったなぁ。

記事では、島本和彦先生が言いたかったことをうまくまとめきれていないと思う。か、あるいは先生が力が入りすぎて、まとまっていない話をしたか……。とにかく、「著作者のための法律」なら著作者を守ってみろ、と。著作者と、作品を愛する人たちを守ってみろ、か。


最新