堪忍袋の緒を締めろ!

rss 1.0 RSS Feed
最新

2012-06-07 晴れ!

_ [生活] 貧乏暇なし

気がついたら日記が一ヶ月以上空いてしまった!これじゃ月記だ!

今年の前半は仕事を入れたりせずに自分のことをやろうと云っていたのに、実は知人経由でお仕事の依頼を頂いてしまい、結果として忙殺されているという……。しかも会社員時代よりキツいという……。


2012-06-16 雨だねぇ

_ [PC] MacBook Pro Retinaモデルをまだ買わないと決めたショボイ理由

銀座の店頭で話題のRetinaモデルなMacBook Proをみてみた。

Retinaディスプレイは、iPhone(iPod Touch)で観たときに「うぉぉぉー!」と思った。iPadで観たときに「なるほどー、こりゃいいわ」と思った。で、MacBook Proでみたとき、残念ながら「うん」としか思わなかった。

どういうことかというと。

iPhoneの大きさで高精細なグラフィックをみると、これはコンパクトな情報端末としてのある種の完成形を見た気がした。情報を詰め込んでいる感じが凄く伝わってきた。

iPadの大きさで高精細なグラフィックをみたとき、これは紙が要らないなと思った。字が綺麗で目が疲れない。

だが、MacBook Proでみたときは、特に何も驚かなかった。3回目だからインパクトが薄かったのか。いや、それよりも用途の違いだろうか。

店頭で見たとき、これまでのモデルと比べて作業領域や操作性がどれくらい変わるかという点を注目した。これまでのRetinaモデル同様、基本的には非Retinaモデルと同じ寸法の表示領域に4倍の情報を詰め込むので、寸法という点からみると作業領域や操作性は変わらない。現物をみて最初に思ったこと、それは「あ、テキストが4倍表示されるわけじゃないんだ」(註:設定すれば可能なのだろうか?店頭でそこまで試せなかったし、その前に心が折れた)という、至極当たり前の、過去2回のRetina体験やカタログスペックで既に分かっていた事実の再確認であった。

そうなると、野村個人の趣味的な観点で考えれば、15インチは大きすぎた。もしも何の特徴もない製品だったとしたら、2kgの15インチマシンは選択肢に入らない。

これからノートパソコンのディスプレイは、各社とも精細化していくのだろう。そしてそれが当たり前になっていくのだろう。高精細ディスプレイが当たり前になったとき、自分の手元にあるマシンが15インチだったら……野村個人の趣味的な観点でいえばつまらない。

だから。

金が無いので買いません。


2012-06-28 梅雨だってさ

_ [生活] 近況報告というか予告

今年もそろそろ半分を過ぎようとしているというのに、自分の作りたいものはまだ完成せず。

そのわりに、無職だったはずのこの半年で4つほどのプロジェクトに関わらせてもらえた。しかもどれもアウトプットのプログラム言語やプラットフォームが違ったのだから、これはもう技術者冥利に尽きる。

自分の性格として一本の刀をじっくり鍛え上げるタイプではないことは承知していたし、むしろある程度のオールラウンダーである点を強みにしようとは思っていた。が、いざ色んなアウトプットを作ってみるとまだまだ武器が足りていないなぁと実感した。

やっぱり業界の技術の移り変わりは恐ろしく早かった。基本と応用と探求心、これ大事。

さて、近況予告だが、今年後半からは知人とユニットを形成して仕事をご一緒させてもらう。というか、しばらくは仕事らしい仕事はこのユニットのものがメインになるだろう。だってさ、自分名義じゃちっとも営業していないんだから、仕事なんてそんなに来る筈がないのよね。

このユニットはUIだったりUXのプロフェッショナル集団になっていくことが目標、自分の立ち位置は最適な技術で最適なアウトプットを繰り出していくエンジニアである。その攻勢具合などが今まで経験してきた立ち位置とちょっと違ってくるだろう、と漠然と想像している。

ただ自分にとっては今のところ個人のプロジェクトも重要で、その企て自体は地味にでも進めていきたい。これは年初から云っているとおり。

端からみれば二足のわらじかもしれないが、自分の中では上着を着たり脱いだりしている程度の感覚で二つの顔を使い分けていければいいなと思っている。

今のところ日記に書けるのはここまで。これ以上は実は全然決まっていない……げふんげふん。


最新