いまさら「ワンダと巨像」

いまさらながら「ワンダと巨像」を始めた。2005年の作品だそうでようやく野村も2005年までたどり着いたということだ。

が、最初の巨像を倒すのに44分かかり、2体目の巨像は2時間かかってもまったく攻略できなかった。とほほ。

正直、途方にくれている。思い通りのアクションをしてくれないし、視点操作がよくわからない上に愛馬がフレームインしてきて巨像が見づらいし、距離感が分からないし。ずっと戦闘中の音楽がリピートしているので退屈だし。

雰囲気とかは好きなので、最後までストーリーを楽しみたいという気持ちはある。が、コントロールがおぼつかない。まるでゲームから「お前はこの先のストーリーを楽しむ権利はないから帰れ」といわれている感じがする。これだからアクションゲームは嫌なんだよ。フラストレーション溜まりまくり。

で、仕方がないので同時に買った「みんな大好き 塊魂」に逃避する。あ、これも2005年のゲームか。いいねー、これ。楽しい、うれしい、はまる。

さて、2005年のゲームをさらにもう一本買ってきているんだが、この調子じゃ秋頃までは手をつけられない予感。

(追記)……「ワンダと巨像」だが、たった今攻略サイトを見て「弓」という武器を持っている事を知った。……まさか弓を持っているとは思わなかった(泣)